140539

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
OH!-Pro BBS

[ホームに戻る] [新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



不正な書込み その後 投稿者:オープロ社長 - 2006/01/10(Tue) 17:00 No.2001  引用する 
ヴェートホッフェン ますます頻度が増してくる不正な書き込みですが、1日100件を超えそうなので、消すのも疲れてきました。そろそろギブアップかもしれません。
一度、閉鎖して新しく用意することになるのか。
考えてしまうところです。

不正な書込み 投稿者:オープロ社長 - 2005/12/12(Mon) 15:05 No.917  引用する 
ヴェートホッフェン 最近、こちらの掲示板に不正な書込みが集中しています。
見つけ次第削除しますが、くれぐれも貼られたリンクにアクセスしないようにご注意ください。

初めまして。 投稿者:チロ - 2005/10/12(Wed) 20:56 No.303  引用する 
たぬき 初めまして。私はアニメーターを目指している者です。
私は名作劇場作品が好きで、なかでも「あしながおじさん」「ルーシー」「ロミオの青い空」などが大好きです。御社が参加された作品には好きな作品が多く、大変感激しました。ですが、2001年以降参加された作品は載せられていないようですね。昨今どのような作品に参加されているのか、知りたいです。ご迷惑でなければ、主なものだけでも教えて頂けませんでしょうか?よろしくお願い致します。

Re: 初めまして。 投稿者:オープロ社長 - 2005/10/13(Thu) 00:15 No.304  引用する 
ゴーシュ 最近更新が滞っていてすみません。早速(といってもしばらくかかりますが)、昨今の情報をアップするようにします。これからもおつきあいください。

Re: 初めまして。 投稿者:チロ - 2005/10/14(Fri) 02:26 No.305  引用する 
たぬき 最近の参加作品が分からないのは残念なことだなと思っていたのです。
楽しみにしております。

Re: 初めまして。 投稿者:エット - 2005/10/16(Sun) 16:43 No.307  引用する 
ゴーシュ 大変すみません。サイトの方にも言い訳のように書いてますが、班体制で、多くの人数が作品にかかわる機会が、極端に少なくなり、作品名をあげる事がはばかれる位の作品に対しての貢献度が薄いので、(個人的に)更新を控えてしまっています。最近、多くのオープロ社員が、関わった作品と書きますと、もうすぐ公開の『あらしのよるに』でしょうか
あとちょくちょくいろいろな作品(テレビ、劇場問わず)のスタッフ・ロールをよくみていただけると、オープロの名が見つけられると思います。

Re: 初めまして。 投稿者:チロ - 2005/10/25(Tue) 04:21 No.309  引用する 
たぬき 忘れた頃にお返事して、すみません。
何とも答えづらい質問をしてしまったみたいで…、申し訳ありませんでした。事情はよく分かりました。有り難うございました。
早速教えて頂いた「あらしのよるに」なのですが、先日TVで少し映像が流れていて見ました。何か、いい雰囲気が画面を通して伝わってきました。何というか、名作などで目にしてきた、私の好きな優しい雰囲気に感じました。見ていて、何だかとてもホッとしました。もっと、人が人に優しくなれる作品が増えていけばいいのになと…そう強く思います。長々と失礼しました。では。

ストレスと解消法 投稿者: - 2005/03/15(Tue) 06:33 No.249  引用する 
ゴーシュ はじめまして。マレーシアにある大学で、インテリア建築の勉強をしています。今学期のプロジェクトでアニメーションスタジオのデザインをすることになって、リサーチをしています。お尋ねしたいのですが、アニメーション製作に携わる人に特有のストレス、職業病のようなものはありますか?また、一般に、どういった形でストレスの解消をする人が多いのでしょうか?

Re: ストレスと解消法 投稿者:エット - 2005/03/15(Tue) 09:17 No.250  引用する 
ねこ はじめまして。私はアニメ−ターなのでアニメ−ターについてしかコメントできませんが、一般的ストレスとして人間関係、金銭的不安、締めきりに対してのプレッシャー等ありますが、職業的ストレスとしてはうまく描けないことへの苛立ち、思い入れのできない作品に参加した時の嫌悪感くらいで他の職種の方にくらべれば好きなことをしているので、比較的ストレスは無いのではないでしょうか?職業病は、長時間座ってトレス台を使って作画しているので、腰痛、目の病気、腱鞘炎あたりでしょうか。あと何を見てもアニメーションに結び付けるのも職業病でしょう。
ストレス解消は、訳も無く(ほんとはあるのですが)うろうろ歩き回るとか自分の机のまわりを趣味の品もので一杯にして喜ぶ。
昔のアニメ−ターは酒を呑んで酔っぱらってくだをまいて傍若無人にふるまう。私の場合は好きな探偵小説と映画のDVDを買い集めてニコニコするといったあたりでしょうか。

なるほど 投稿者:ryo - 2005/03/17(Thu) 00:32 No.252  引用する 
ゴーシュ エットさん、丁寧なお返事、ありがとうございます。
長時間にわたって細かい作業を続けるわけですからねえ、実に疲れるでしょうね。アニメーションの製作現場というと、他の一般的な職業よりも仕事時間などの面で一定していない、というイメージがあります。エットさんがおっしゃっていたように、締め切り前の現場などはさぞおそろしい様相を示していることと思いますが、アニメーターは平均的に、どれくらいの時間を机の前で作業を続けるのですか?
また他に、アニメーションのスタジオというと細かな線や光を扱うために、薄暗く、人工の光源に囲まれているというイメージと、空気中のチリ、埃なども嫌うでしょうから、部屋が締め切られているというイメージがあります。エットさんの書いておられた”うろうろ歩き回る”ということには、体の全体運動の不足を解消するということとともに、自然光や外の空気への欲求なども関係していると思いますが、いかがですか?
もうひとつ、作業現場の写真などを見ると、机の上の小さな作業スペースのまわりをうずたかく積まれた紙の山に覆われている、という印象が共通しているのですが、あれはあれで、機能的であるわけですか?それとも、もっとここがこうだったら、作業の効率も上がるのに、という風なことが、何かありますか?また、スタジオに、これがあったらいいな、というようなファシリティーなどありますか?
質問ばかりで恐縮ですが、またひとつお願いします!

Re: ストレスと解消法 投稿者:エット - 2005/03/18(Fri) 21:25 No.253  引用する 
ねこ >どれくらいの時間を机の前で作業を続けるのですか?
嫌になるまで座り続けるのです。
>薄暗く、人工の光源に囲まれているというイメージと、空気中のチリ、埃なども嫌うでしょうから、部屋が締め切られているというイメージがあります。
薄暗い必要はありません。トレス台の光源がより強いと透かして紙が見られないということです。ちなみにオープロはホコリだらけです。これからデジタル化に向かって変化はあるのでしょうが。
>もっとここがこうだったら、作業の効率も上がるのに、という風なことが、何かありますか?
これに関しては人それぞれでしょう。基本的に今の動画机というのは、初期の東映動画の人達が設計したものが、基礎になっていると思います。これも作画が完全にデジタル化した場合全く変わってしまうでしょう。
「ファシリティー」の意味が判りません。

Re: ストレスと解消法 投稿者:ryo - 2005/03/20(Sun) 16:07 No.254  引用する 
ゴーシュ なるほど、参考になります。ファシリティーとは機能、設備というような意味です。
実際の作業では、”監督”−”シニアアニメーター”−”アニメーター”−”Inbitweener(日本語ではなんと呼ぶのでしょうか)”という流れで仕事が降りてくるということで、間違いはありませんでしょうか?質問したいのですが、この場合、規模が20人ほどのスタジオだったとして、人数の配分の割合はどうなるのでしょう?上に行くにしたがって数が少なくなるのはわかりますが、一般的にどれぐらいの割りで人数が配置されるのですか?
あと、障害者、この場合車椅子に乗る人ということになりますが、そういった人とアニメーションスタジオの係わり合いというところはどうなっていますか?車椅子の人がアニメーターとして、またはほかの技術者などとして製作にかかわっているということはありますか?

Re: ストレスと解消法 投稿者:エット - 2005/03/20(Sun) 21:55 No.255  引用する 
ねこ 大変申し訳ありませんが、これ以上は直接、現場へ出かけて行って調査されたほうがよろしいのではないでしょうか?マレーシアのアニメーションの現場をよく知らないのですが、アメリカと日本では動画机の様式がまるで違うようにお国によって様々ちがう事があると考えます。アニメーターの職種、名称にしてもシステムによって違いがあり一概に言えません。ネットで簡単に答えられる範囲の事柄についてはお答えしたように思います。
障害者の方については、過去にも掲示板で書いたものをくりかえさせてもらいます。
御質問の身障者雇用についてですが、作画についてのみ個人的意見を書かせていただけるならば、コミュニケーションがとれ、アニメーション作画という技術が身に付けられる方ならば、ハンデがあっても問題はないと考えます。ただ、報道される通り賃金が安い業界ですから、スピードも要求されます。
知り合いにも2、3人いますが、現実的には更に狭き門ではあるとおもいます。
では勉学にお励み下さい。

Re: ストレスと解消法 投稿者:ryo - 2005/03/20(Sun) 22:50 No.256  引用する 
ゴーシュ そうですか。いろいろありがとうございました。
日本と違い、マレーシアではアニメーション産業、特に製作するほうについてはほとんど成立していないといったような状況で、現地で採集できる情報というものが非常に限られていたものですから、ここぞとばかりつい立ち入ってしまいました。
まだデザインの方向性は見えてきませんが、お答えいただいたことを参考にして進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

Re: ストレスと解消法 投稿者: - 2005/07/21(Thu) 11:26 No.291   HomePage    引用する 
かっこう はじめまして。アメリカでアニメーション制作に
関わったことがある からす というものです。
おそらくこの掲示板は 日にちも経っておりますし
もう書き込んだ方も見ていらっしゃらないかと思いますが
Ryoさんのご質問の一部に一応お答えしておきます。

アメリカの2Dアニメーターのシステムは
Supervising animator
Animator
Inbetweener
Clean up Artist
がいるとおもわれます。
デジタル化によって 呼び方、役割分担は
それぞれの制作システムのあり方に沿って
変わってきているとは思うのですが。

日本のアニメーターの場合
作画監督: Supervising Animator
原画:Animator
動画:Inbetweener, Clean Up Artist
という区分になるのではないか というのが
これまでアニメーション関連の本から得た知識と
自分が実際にアメリカでアニメーション制作に関わった
経験から得た印象です。

特徴的なのは 日本ではClean Up Artistを動画である
Inbetweenerが兼ねるという部分でしょうか。
私は日本のアニメーション現場には関わったことがないので
あとは本の知識と知り合いからの情報だけですが
ご参考になればと思いました。でも やはり
現場をご覧になるのが一番良い方法だとは思いますが。

間違いがあればご指摘くださいませ。

拙い文章を 長々と書いてしまい失礼しました。

JIL報告書 投稿者:オオハシ - 2005/04/20(Wed) 23:45 No.269  引用する 
たぬき お久しぶりです。
オープロの方でも調査に協力された
労働政策研究・研修機構(JIL)のアニメーション業界の
実態調査の報告書『コンテンツ産業の雇用と人材育成』が
あがってきていますのでご報告しておきます。
アニメーション産業の現状が概観できる貴重な調査です。

http://www.jil.go.jp/institute/reports/2005/025.html" target='_top'>http://www.jil.go.jp/institute/reports/2005/025.html

※リンクがはれていない場合はご面倒ですが
 コピーアンドペーストでお願いします。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -